2005年04月21日

壬生寺(みぶでら)


Click Here!

空の旅


壬生寺

住所・・・・・京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31
拝観時間・・・8:00〜17:00
拝観料・・・・参拝無料(壬生塚100円)
地図
交通アクセス
【市バス】『壬生寺道』下車徒歩3分、3系統11系統13系統26系統28系統29系統・91系統67系統69系統71系統203系統
【京都バス】『壬生寺道』下車3分、71系統72系統73系統75系統
【阪急電車】『大宮』下車徒歩10分
【京福電車】『四条大宮』下車徒歩10分

壬生寺は正暦2年(991)に園城寺(三井寺)の快賢上人が地蔵菩薩を安置して開き、1257年に平宗平氏が現在地に建立したといわれている。古くは地蔵院、宝憧三昧寺、心浄光院などとも号した。昭和37年(1962)には本堂を全焼してしまい、本尊地蔵菩薩像を含む多数の寺宝を失ったけれども、律宗総本山唐招提寺から新しい本尊、延命地蔵菩薩立像(重要文化財)が移され昭和45年(1970)に本堂の落慶法要が行われた。
700年の伝統を持つ壬生狂言で有名であり、190点の狂言の仮面の他にも、五仏錫杖頭(重要文化財)や列仙図屏風(長谷川等伯筆・重要文化財)といった寺宝を持つ。

【壬生狂言】4月21日〜29日・観劇料800円
三大狂言の一つであり、国の「重要無形民俗文化財」に指定されている。
正しくは「壬生大念仏狂言」といい、鎌倉時代から壬生寺に伝わる京の伝統芸能である。壬生の村人を中心に伝承されてきたものであるが、もとは壬生寺の中興の祖、円覚上人が仏の教えを庶民にわかりやすくパントマイムで伝道した事が始りであるといわれているように、悲劇から喜劇まで数多くの演目があり、鉦・太鼓・笛の囃子に合わせて、白布で頭と顔を包み仮面をつけた演者が無言で演じている。
ニ月初旬の三日間の節分厄除大法会、十月の三日間の秋の公開時にも一般公開されている。

【壬生塚】拝観時間・・・8:30〜16:30、拝観料・・・100円
壬生寺の門を入って右側にある阿弥陀堂の裏に池があり、その中の島が壬生塚と呼ばれて、芹沢鴨ら隊士の墓や、近藤勇の遺髪供養塔、胸像等がある。

【万灯供養会】8月9日〜16日
初日、9日は精霊迎え火といい、本堂の前に作られた舞台で壬生六斎念仏が奉納され、最終日の16日は精霊送り火といい、中堂寺六斎が奉納される。

【千体仏塔】ビルマのパゴダ風に2600体の石仏が螺旋状に並べられている。


Click Here!

OZ
posted by happy-mouse at 00:30| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 神社・仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3121567

この記事へのトラックバック

壬生念仏(みぶねんぶつ)
Excerpt: 壬生念仏(みぶねんぶつ)四月二十一日〜・京都壬生寺【壬生狂言 壬生踊】《季 春》みぶねんぶつ【壬生念仏】京都の壬生寺で、四月二一日から二九日まで行われる念仏の行事。この間に、壬生狂言が行われる。壬生大..
Weblog: 季語と暮らす生活!★★歳時記で知る日本の四季★★     〜...
Tracked: 2005-04-24 00:45

壬生六斎念仏
Excerpt: 台風も過ぎ、セミの鳴き声もよりいっそ聞こえてくるようになりました。 ...
Weblog: 賀茂公家芋本舗:店長ブログ
Tracked: 2006-08-14 16:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。